【テレアポ戦略】効率良いテレアポ攻略方法とは!?そして必要な架電件数と1日の時間の使い方を徹底解説!

いつもギグセールス ブログ(https://blog.gig-sales.tokyo/)をご覧頂きまして、誠に有り難うございます。

LINE@やってます!

公式アカウント「LINE@営業フリーランス特化型ナレッジメディア“ギグセールス ブログ”」大事な情報も届きますので、忘れずに友達登録して下さい!

友だち追加

ギグチャンネル第16回目となるコンテンツは「効果的なテレアポ戦略&1日の架電件数と時間の使い方」について更新していきます。

新規開拓営業のテレアポで困っている方必見!!あなたは事前に戦略を立ててテレアポに臨んでいますか?
そして効率良く時間を使って架電をしていますか?また架電先のリサーチに時間を掛けすぎてしまって気が付けば予定よりも架電数が少ない!そしてキーマンにリーチできていないといったことはありませんか?などなど。

そこでトップ営業マンがテレアポをどのように攻略すべきか徹底解説します!テレアポで成果が出ずにお困りの営業マンは必見です!!

動画の対象者

・新規開拓営業でテレアポを行なっている営業マン、フリーランス営業職
・テレアポで伸び悩んでいるプレイヤーの皆様、レベルアップしたい方

結論

・1件でも多く架電をする
・1分でも多くキーマンと対話をする

1日に必要な架電件数

・1時間あたりの架電件数が10件以上
・1日の架電件数80-100件
※アポ取得までのプロセスを逆算して数値化する。主な指標としては受付突破率、キーマンコンタクト率、コンタクトアポ率、コールアポ率。

テレアポ戦略のポイント

・多くの企業の出来るだけリーチし、リード情報を獲得する
・キーマンと対話を長くすること

※架電先のリサーチについて・・・電話をかけながら架電先の企業情報を検索して仮説を立てる。リサーチにかける時間を極力減らすことがポイント。
※電話番号を打っている時間も無駄になるのでオススメは「コールシステム」を導入し、ワンクリックコールで実施すること。

■架電時の効率的な時間の使い方

・デスクの前で座って検索にかけている時間は価値を生み出さない
・リサーチに時間をかけすぎず、まずは量をこなして質に転化していく

営業代行のご依頼はこちら!

立ち上げ初期のスタートアップ、資金調達後のベンチャー企業、企業の新規事業部門、事業拡大フェーズの企業は営業職を正社員として雇用せず、営業フリーランスの即戦力人材にアウトソースしましょう!

【成長中企業限定】アウトバウンド営業チャネル構築支援ついて|ギグセールス株式会社

 

自社サービスを運営中、自社プロダクトをローンチしたばかりの企業様!もしくは新規事業部門を設置されており、顧客検証フェーズを経て、MVPを活用しながらリーンに営業のPDCA、仕組み構築、新規開拓営業まで行なっていきたい企業様!

以下のような営業課題はございませんか?

✔️新規アポイント獲得数が減っている
新規で提案する機会が少なく、獲得するノウハウもないため困っている。

✔️アポイントからの成約率が悪く、売上目標に未達
立ち上げメンバーが営業出身でない為に営業ノウハウがなく、売り方、売り先が分からない。

✔️人的リソースの不足
営業リソースが圧倒的に不足しており、成果目標に対して大幅ビハインド状態となっている。

「営業のプロ人材は欲しいが、正社員を雇うほどではない」と考える企業様は数多くいるかと思います。また「営業人材の獲得」や「営業戦略策定」に課題を持つ事業会社が多いのも事実です。

上記の課題に対して即戦力として参画し、解決出来る集団、それがギグセールス株式会社です。

最新情報をチェックしよう!
>ギグセールス ブログとは

ギグセールス ブログとは

営業に特化したフリーランス向けメディア『ギグセールス ブログ』 営業フリーランスとして活動している方、今後フリーランスとして独立を考えている営業職の方を対象に新しい働き方を実現する為に役立つ情報を発信。営業テクニック、ノウハウ、案件の受託、PJの組織構築、報酬設計など現場で使えるナレッジを公開!

CTR IMG